的の黒星 : 大活劇

松浦雨山 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 境界爭ひ{牧牛王と呼ばれた紳士と鬼と異名された羊牧團長 / 3
  • ニ 浮浪組{混血兒にも戀の悶えはある惡漢同志の意氣統合 / 9
  • 三 呀ツ暴れ馬の脊に{男女鞍上人なく鞍下に馬なき放れ業は主は意外の美人 / 17
  • 四 危險信號{意外な塲所に危檢信號ハテ彼の一團は村人か / 28
  • 五 ユーカリー樹{運命の神は末た彼に幸したオウ之だツとばかり馬の脊に / 40
  • 六 獸的慾望{眼前に見る無念サ絶望の闇に案じた一策 / 52
  • 七 魔の手は羊牧團にまで{なあに賣らなきや默つて貰つて來る斗りさ / 62
  • 八 この短銃の臭いは{これは確かに覘血兒のソイツは怒るのも無理は無え / 74
  • 九 怪しの森{味な事を爲やかる然も危檢かつた / 87
  • 一〇 呪の手は再びコーラの身に{哀れコーラは再び魔の手に何糞ツ必ず俺の手で救って見せる / 101
  • 一一 霹靂一聲{アツ彼處に怪しの洞窟が暗い室の中に凄い怪老人 / 109
  • 一二 意外の戀風{酒塲の二階に立派な青年惡漢は幾千か貰つて請合つた / 126
  • 一三 月下の密談{一杯機嫌てダツキーは千鳥足で裏庭に出たフと見れば月下に二つの影が / 136
  • 一四 我然釣橋{惡漢の計畫は見事的中したヤヤ死んだ筈のコデーが馬で / 145
  • 一五 呀ツこの寫眞は{忠義の爲めの色事とはグツキーの奴は喜んだ / 154
  • 一六 魔の囁き{覆面の黒衣を纏ふた怪しの男は再び魔の森に姿を現はした / 170
  • 一七 魔の森見物{多數の見物の中に男裝のコーラが何事を見出したか突然呀ツと叫んだ / 182
  • 一八 意外の命令{さなきだに淋しい魔の森の夜は雨を呼び風を得て一層物凄い中をコーラは / 192
  • 一九 一轉して修羅塲と化した{歡樂の巷は急轉直下してコーラは再び魔の手に / 200
  • ニ〇 額縁の後からヌツと顔が{五號室の小窓からミリーは密談を立ち聞いて吃驚した / 210
  • ニ一 チエツ忌々しい{折角骨折つて奪つた太金も忽然と現はれた覆面の怪人に / 220
  • ニニ 合圖の右手は上つた{轟然たる音響と共に惡漢スヰーニーは無慘にも / 226
  • ニ三 的の黒星は{呪はれたるコーラの身も惡漢の全滅に依つて / 232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 的の黒星 : 大活劇
著作者等 松浦 雨山
書名ヨミ マト ノ クロボシ : ダイカツゲキ
出版元 春江堂書店
刊行年月 大正8
ページ数 238p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42002054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想