土を眺めて : 歌集

窪田空穂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 上篇
  • 臨終(長歌) / 1
  • 子等との別れ(長歌) / 3
  • 妻が言葉(長歌) / 6
  • 妻の死なむとせる日を(長歌) / 7
  • 面影(長歌) / 10
  • 亡妻を思ふ(長歌) / 12
  • 妻の死後程なき頃に(八首) / 14
  • 母なき子らと居りて(十一首) / 17
  • 病中の妻を思ひ出でて(八首) / 21
  • 郊外を散歩して(八首) / 24
  • 亡き人を思い出でつつ(二十首) / 27
  • 離散の日 一(長歌) / 34
  • 離散の日 二(長歌) / 37
  • 住み馴れし家と別る(十四首) / 39
  • 友に寄す(長歌) / 44
  • 旅舎に住みて(二十首) / 47
  • 往事を思うて(二十一首) / 54
  • 中篇
  • 東京を離るる夜(五首) / 61
  • 故里の家(八首) / 63
  • 故里の路(八首) / 66
  • 川端(五首) / 69
  • 故里の野に立ちて(長歌) / 71
  • 時移る(十四首) / 75
  • 友來たる(五首) / 80
  • 妻の生家(二十六首) / 82
  • 登高(五首) / 91
  • 亡妻の傳記を書きて 一(長歌) / 93
  • 亡妻の傳記を書きて 二(長歌) / 94
  • 挽歌(五首) / 96
  • 友が家(五首) / 98
  • 兩親の二十年祭に(五首) / 100
  • 野遊(八首) / 102
  • 本郷の下宿屋にて 一(長歌) / 105
  • 本郷の下宿屋にて 二(五首) / 107
  • 友が家(二首) / 109
  • 墓に立ちて(八首) / 110
  • 下篇
  • 止まれる時計(長歌) / 113
  • 野に近き家(十一首) / 116
  • 冬來たる(八首) / 120
  • 富士山(五首) / 125
  • 寒風(二首) / 125
  • 微恙(十一首) / 126
  • 雪(八首) / 130
  • 冬野(五首) / 133
  • 牛込への途上(五首) / 135
  • 家居(八首) / 137
  • 春夜(二首) / 140
  • 龜原を過り去年を思ひて(長歌) / 141
  • 春來たる(二十九首) / 144
  • 野の路(八首) / 154
  • 妻の一週年の近づける頃に(長歌) / 157
  • 墓(五首) / 159
  • 建碑(十一首) / 161
  • 去年を思うて(五首) / 165
  • 我が子來る(五首) / 167
  • 妻の一週年に(五首) / 169
  • 植物園(十四首) / 171
  • 春逝く(五首) / 176
  • 花壇(十一首) / 178
  • 畑の中道(二首) / 182
  • 廢園(五首) / 183
  • 初夏(二首) / 185
  • 子と居りて(八首) / 186
  • 富士の山(長歌) / 189
  • 鎌倉懐古(長歌) / 191
  • 貧窮(二十六首) / 192
  • 若かりし日を思ひ出でて(二十六首) / 201
  • 信濃の人々を思うて(五首) / 210

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 土を眺めて : 歌集
著作者等 窪田 空穂
書名ヨミ ツチ オ ナガメテ : カシュウ
出版元 国民文学社
刊行年月 大正7
版表示 訂正再版
ページ数 212p
大きさ 20cm
NCID BA71565567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42002325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想