芸者哲学 : 皮肉諷刺

樋口紅陽 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 藝者皮肉讀本
  • 第一課 二本足で歩く猫 / 1
  • 第二課 藝者の起源 / 7
  • 第三課 藝者の別名 / 9
  • 第四課 藝者の別名の由來 / 12
  • 第五課 藝者の副職 / 26
  • 第六課 藝者の内職 / 26
  • 第七課 藝者の種類 / 28
  • 第八課 藝者の技藝 / 29
  • 第九課 藝者の素性 / 32
  • 第十課 藝者の難行苦行 / 35
  • 第十一課 藝者の身代金 / 42
  • 第十二課 丸抱藝者 / 45
  • 第十三課 自前藝者 / 46
  • 第十四課 看板借藝者 / 46
  • 第十五課 分け藝者 / 47
  • 第十六課 藝者の二枚鑑札 / 49
  • 第十七課 藝者生活の自墮落日課 / 50
  • 第十八課 藝者の親 / 61
  • 第十九課 藝者の面の皮 / 69
  • 第二十課 藝者の度胸 / 74
  • 第二十一課 藝者の足の泥 / 79
  • 第二十二課 藝者の薄倩 / 82
  • 第二十三課 藝者の嘘 / 91
  • 第二十四課 藝者の氣前 / 94
  • 第二十五課 藝者の線香代と祝儀 / 96
  • 第二十六課 藝者の「貰ひ」と「直り」 / 101
  • 第二十七課 宴席藝者と枕席藝者 / 104
  • 第二十八課 藝者の賣○代 / 105
  • 第二十九課 藝者の要素 / 107
  • 第三十課 藝者風俗 / 111
  • 第三十一課 藝者の衣裳の着こなし / 119
  • 第三十二課 藝者の好奇心と流行 / 125
  • 第三十三課 藝者の化粧 / 129
  • 第三十四課 藝者の姿勢 / 133
  • 第三十五課 女の惚れる藝者 / 135
  • 第三十六課 藝者の言葉 / 137
  • 第三十七課 藝者の髪容 / 145
  • 第三十八課 藝者の顔 / 147
  • 第三十九課 藝者の眼玉 / 151
  • 第四十課 藝者の鼻 / 153
  • 第四十一課 藝者の口 / 156
  • 第四十二課 藝者の齒 / 161
  • 第四十三課 藝者の舌 / 162
  • 第四十四課 藝者の爪 / 166
  • 第四十五課 藝者のはらわた / 168
  • 第四十六課 藝者のしら / 171
  • 第四十七課 藝者の思はせ振り / 173
  • 第四十八課 藝者の心 / 175
  • 第四十九課 藝者のやけくそ / 197
  • 第五十課 藝者のひがみ / 200
  • 第五十一課 藝者の邪推 / 201
  • 第五十二課 藝者の旋毛と臍 / 204
  • 第五十三課 藝者の迷信 / 207
  • 第五十四課 東京藝者の巣窟とでれ助 / 210
  • 第五十五課 東京藝者と地方の藝者 / 223
  • 第五十六課 東京藝者と京都藝者 / 225
  • 第五十七課 全國藝者の品質と特徴 / 231
  • お客皮肉讀本
  • 第一課 二本足の犬 / 239
  • 第二課 客の別名 / 241
  • 第三課 二本足の犬の種類 / 243
  • 第四課 客の墮落 / 246
  • 第五課 客の壓迫 / 249
  • 第六課 客の不法 / 252
  • 第七課 客の符牒 / 255
  • 第八課 薄野呂客の甘さ加減 / 257
  • 第九課 客の自惚れ / 261
  • 第十課 客の面の皮 / 262
  • 第十一課 客の鼻の下 / 265
  • 第十二課 客の鼻毛と尻の毛 / 272
  • 第十三課 客の眼尻と唾涎 / 273
  • 第十四課 客の嘘 / 275
  • 第十五課 出花を摘む間拔け客 / 277
  • 第十六課 旦那 / 279
  • 第十七課 客 / 282
  • 第十八課 色客 / 283
  • 第十九課 色 / 285
  • 第二十課 ドサ客 / 288
  • 第二十一課 はうき主義 / 292
  • 第二十二課 變り者喰ひ / 293
  • 第二十三課 はしまめ / 293
  • 第二十四課 藝者に嫌はれる男 / 294
  • 第二十五課 藝者に好かるる男 / 296
  • 第二十六課 藝者と役者 / 298
  • 藝者同情皮肉讀本
  • 第一課 職業婦人としての藝者 / 299
  • 第二課 抱へ主の壓迫 / 301
  • 第三課 待合、料理屋の壓迫 / 308
  • 第四課 女中の壓迫 / 313
  • 第五課 仲間の壓迫 / 314
  • 第六課 社會の壓迫 / 317
  • 第七課 藝者をどう處分するか / 319
  • 第八課 客をどう處分するか / 332
  • 藝者皮肉對話
  • 藝者と坊主 / 349
  • 藝者と大學生 / 364

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 芸者哲学 : 皮肉諷刺
著作者等 樋口 紅陽
書名ヨミ ゲイシャ テツガク : ヒニク フウシ
出版元 宝学館書店
刊行年月 大正10
ページ数 396p
大きさ 17cm
NCID BA78436653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42002268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想