赤光 : 歌集

斎藤茂吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 大正二年
  • 1 悲報來(十首) / 3
  • 2 屋上の石(八首) / 5
  • 3 七月廿三日(五首) / 10
  • 4 麥奴(十六首) / 12
  • 5 みなづき嵐(十四首) / 18
  • 6 死にたまふ母(五十九首) / 23
  • 7 おひろ(四十四首) / 44
  • 8 きさらぎの日(十一首) / 60
  • 9 口ぶえ(五首) / 64
  • 10 神田の火事(五首) / 66
  • 11 女學院門前(五首) / 68
  • 12 呉竹の根岸の里(十一首) / 70
  • 13 さんげの心(十七首) / 74
  • 14 墓前(二首) / 80
  • 大正元年。明治四十五年
  • 1 雪ふる日(八首) / 83
  • 2 宮益坂(八首) / 86
  • 3 折に觸れて(八首) / 89
  • 4 青山鐵砲山(八首) / 92
  • 5 ひとりの道(十四首) / 95
  • 6 葬り火(二十首) / 100
  • 7 冬來(十四首) / 107
  • 8 柿の村人へ(十首) / 112
  • 9 郊外の半日(十七首) / 116
  • 10 海邊にて(二十三首) / 122
  • 11 狂人守(八首) / 130
  • 12 土屋文明へ(八首) / 133
  • 13 夏の夜空(八首) / 136
  • 14 折折の歌(二十六首) / 139
  • 15 さみだれ(八首) / 148
  • 16 兩國(八首) / 151
  • 17 犬の長鳴(八首) / 154
  • 18 木こり(十七首) / 157
  • 19 木の實(八首) / 163
  • 20 睦岡山中(十一首) / 166
  • 21 或る夜(八首) / 170
  • 明治四十四年
  • 1 此の日頃(八首) / 175
  • 2 おくに(十七首) / 178
  • 3 うつし身(十七首) / 184
  • 4 うめの雨(廿首) / 190
  • 5 藏王山(八首) / 197
  • 6 秋の夜ごろ(廿首) / 200
  • 7 折に觸れて(廿首) / 207
  • 明治四十三年
  • 1 田螺と彗星(十一首) / 217
  • 2 南蠻男(十一首) / 221
  • 3 をさな妻(十四首) / 225
  • 4 悼堀内卓(七首) / 230
  • 自明治三十八年至明治四十二年
  • 1 折に觸れ(十七首) / 235
  • 2 地獄極樂圖(十一首) / 241
  • 3 螢(五首) / 245
  • 4 折に觸れ(二十首) / 247
  • 5 蟲(八首) / 254
  • 6 雲(十四首) / 257
  • 7 苅しほ(八首) / 262
  • 8 留守居(八首) / 265
  • 9 新年の歌(十四首) / 268
  • 10 雜歌(十一首) / 273
  • 11 鹽原行(四十四首) / 277
  • 12 折に觸れて(二十首) / 292
  • 13 細り身(三十五首) / 299
  • 14 分病室(五首) / 311

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 赤光 : 歌集
著作者等 斎藤 茂吉
書名ヨミ シャッコウ : カシュウ
シリーズ名 アララギ叢書 ; 第2編
出版元 東雲堂書店
刊行年月 大正2
ページ数 312p
大きさ 20cm
全国書誌番号
42002301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想