バイシクル・シティズン

ロビン・ルブラン 著 ; 尾内隆之 訳

「自分が大事にしている価値や倫理は、政治の世界には存在しない」。著者ルブランが東京都練馬区でたびたび気づかされたのは、主婦たちのそうした見方であった。主婦の女性たちは、自分は自転車に乗る「ふつうの市民」であり、タクシーに乗る政治家(それはたいてい男性である)とは違うと思っている。新たな公共空間を構想し、シティズンシップやジェンダーの問題にも多様な示唆を与える、画期的な日本政治論をついに完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「真理とは女性である」と仮定したら?
  • 第2章 「ふつうの主婦」のアイデンティティ
  • 第3章 主婦とシティズンシップ
  • 第4章 政治に抗うボランティア活動
  • 第5章 「主婦らしい運動」へ向かって-生活クラブ生協の「生活者」政治
  • 第6章 小野清子の選挙運動-エリート政治のなかの「ふつう」の主婦
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイシクル・シティズン
著作者等 LeBlanc, Robin M.
尾内 隆之
ルブラン ロビン
書名ヨミ バイシクル シティズン : セイジ オ キョヒ スル ニホン ノ シュフ
書名別名 Bicycle Citizens

「政治」を拒否する日本の主婦

Baishikuru shitizun
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.6
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-35162-6
NCID BB09516590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想