海の放射能汚染

湯浅一郎 著

福島原発事故による海の放射能汚染は、世界三大漁場のひとつを確実に殺しつつある。命の母である海の汚染は、膨大な範囲に及ぶと同時に、生態系と人類に対する影響は計り知れない。本書は、福島原発事故による海の放射能汚染を最新のデータで解析、またビキニを初めとする大気圏核爆発、欧州や日本における平常時の再処理工場や原発による海洋の放射能汚染とその影響を、惑星海流と海洋生物の生活史から総括し、放射能汚染がいかに生態系と人類を脅かすかを明らかにする。海洋環境学の第一人者が自ら調べ上げたデータを基に平易に説く労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 放射能の放出源と環境中での挙動
  • 第2章 福島原発事故による海洋の放射能汚染-世界三大漁場を汚染する福島事態
  • 第3章 大気圏核爆発による海洋の放射能汚染-惑星海流が運んだビキニ水爆マグロ
  • 第4章 平常時の再処理工事・原発による海洋の放射能汚染-北東大西洋をけがす日本発の「死の灰」
  • 第5章 日本の核施設による海洋汚染
  • 第6章 海洋の放射能汚染の根深い歴史-核文明そのものを問う契機に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の放射能汚染
著作者等 湯浅 一郎
書名ヨミ ウミ ノ ホウシャノウ オセン
出版元 緑風
刊行年月 2012.6
ページ数 189p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8461-1209-7
NCID BB09466969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想