出たらめの記

矢野竜渓 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 千鳥 / 1
  • 俗字 / 2
  • 小町の姉 / 3
  • 小町 / 3
  • 業平 / 4
  • 歌の題及び名前 / 5
  • 黒主 / 6
  • 酒を盜まれぬ法 / 7
  • 水に溺れぬ術 / 7
  • 信玄謙信と、高歡宇文泰 / 8
  • 支那人物最盛の時代 / 10
  • 人口 / 10
  • 蜀の人口 / 11
  • 孫權の遠征 / 11
  • 野武士 / 12
  • 左に避る / 12
  • 右に避る / 14
  • 左射騎 / 15
  • 右を利手とする原因 / 16
  • 千鳥の香爐 / 16
  • 石川五右衞門 / 17
  • 衞國の人なり / 20
  • 鶯の聲 / 20
  • 黄鳥 / 21
  • 兩箇の黄鸝 / 21
  • 鶯も有り / 22
  • 河豚汁 / 22
  • 和聖東 / 23
  • 智勇よりも德 / 24
  • 郭子儀 / 24
  • まめな人 / 24
  • 四度目の女 / 25
  • 沙翁 / 25
  • 昔の芝居 / 25
  • 態度 / 26
  • 繪の人物の態度 / 27
  • 雨の上野(卅六年の春) / 27
  • 蘇人の冐險 / 31
  • 駱駝 / 33
  • 支那の象 / 34
  • 戰象 / 34
  • 班尼拔爾 / 35
  • 今宵もや / 41
  • 誤傳 / 41
  • 將門 / 42
  • 孔雀の羽 / 43
  • 蹄鐡 / 43
  • 鳩の羽 / 44
  • 小鳥の飼方 / 44
  • 畫眉鳥 / 46
  • 梅 / 46
  • 楊梅 / 47
  • 柳絮 / 48
  • 絮の用 / 49
  • 大阪陣 / 50
  • 後藤又兵衞 / 53
  • 塙直次 / 54
  • 眞田幸村 / 55
  • 木村長門守 / 55
  • 誤用し易き語 / 56
  • 必や / 56
  • 必しも / 57
  • 蝟 / 58
  • 蜘蛛 / 58
  • 漢字 / 59
  • 峻德 / 61
  • 良醫の心得 / 62
  • 實名の音讀 / 62
  • 三絶 / 64
  • 黄巣の菊花 / 64
  • 張元の雪 / 65
  • 秦檜の注意 / 66
  • 鶴棲松 / 67
  • 戀歌 / 68
  • 俗歌 / 69
  • 情の濃なる者 / 70
  • 誤字 / 71
  • 可憐の人 / 72
  • 粥の字 / 73
  • 笑 / 74
  • 像の黄金頭 / 75
  • 天文家の機智 / 76
  • 鵜飼 / 77
  • 鱖魚 / 78
  • 銀魚 / 79
  • 菽乳 / 80
  • 町が失せた / 80
  • 吹簫の客 / 81
  • 景季夫婦 / 82
  • 女嫌ひ / 84
  • 岳王墓 / 84
  • 宜しき事なり / 86
  • 屠蘇酒 / 88
  • 雜煮 / 88
  • 繪畫と事實 / 89
  • 事實と相違 / 90
  • 摩詰の雪蕉 / 92
  • 夢の地 / 92
  • 帽子屋の看板 / 94
  • 其の通り疑ひなし / 95
  • 誤解の騒ぎ / 96
  • 雜報の標題 / 96
  • 惡戯の一 / 97
  • 獨りかも寢ん / 100
  • 二歌の優劣 / 102
  • 鬼のしこ草 / 103
  • 蜀山人、唐伯虎 / 103
  • 蟠桃 / 105
  • 西王母と乙姫 / 105
  • 義の字 / 107
  • 漢壽亭侯 / 108
  • 梁山泊の三十六人 / 108
  • 大内來 / 109
  • 飛鳩、蛛網 / 110
  • 饅頭 / 111
  • 指輪 / 111
  • 看菓 / 112
  • 王新建伯 / 112
  • 人の名 / 113
  • 孟子の子、韓信の子 / 117
  • 變生兒の兄弟 / 117
  • 艦上の雄鷄 / 118
  • ガラスの破片 / 119
  • 機械に注意する古名將 / 120
  • 砲の石丸 / 123
  • 六韜三略 / 123
  • 廿五節四萬噸 / 130
  • 見え透きたる世界 / 130
  • 蓬萊山 / 132
  • 扶桑 / 133
  • ライオン初て見ゆ / 134
  • 茘枝と龍眼肉 / 134
  • 獅子と彩球の圖 / 136
  • 暖簾 / 137
  • 招牌の奇文 / 138
  • 人の至情 / 139
  • 菊の本家 / 141
  • 菊花羹 / 143
  • 扇子の本家 / 144
  • 萬歳の祝聲 / 147
  • 川柳點 / 149
  • 奈破翁、布烈的力 / 155
  • 短き寶劒 / 156
  • 杜預と西洋紙 / 157
  • 鬮引の婚禮 / 158
  • 雙六の傳來 / 159
  • 下戸の詩人 / 162
  • 吉備大臣入唐の圍碁 / 163
  • 左側に沿ふ支那の通行法 / 166
  • 茶、蓮茶 / 167
  • 珈琲 / 169
  • 煙草 / 170
  • 人が見たら蛙に爲りし話 / 171
  • 竿頭の珠燈 / 173
  • 油中の小判 / 173
  • 黄金の釜にあらず / 174
  • 潤筆料 / 175
  • 仙家の日月 / 176
  • 側射面 / 176
  • 薩摩芋と鮪 / 178
  • 昔の里芋の相場 / 179
  • 支那の米價と田地の騰貴 / 180
  • 金と銀との差價 / 181
  • 將來は物價益々騰貴せむ / 183
  • 世界諸国の金銀在高と金銀の産額 / 185
  • 尾のある人 / 188
  • 連結せる雙生兒 / 189
  • 撲滿 / 190
  • 鉛筆 / 191
  • 水經と西遊記 / 193
  • 竹中の人 / 195
  • 相ひ似たる話 / 196
  • 毒蛇の退治法 / 197
  • 似たる想像 / 197
  • 雪達磨 / 199
  • 梨酒 / 199
  • 人の名 / 201
  • 奇なる性名 / 205
  • 名士と名花 / 206
  • 櫻の歌と發句 / 208
  • 牡丹 / 214
  • 牡丹と猫の圖 / 217
  • 畏と服との別 / 218
  • 最も舊るき電光壕 / 223
  • 朝鮮征伐の太閤 / 224
  • 怪談 / 227
  • 龍城録 / 228
  • 子不語の一節 / 230
  • 怪物の仕損じ / 233
  • 大江山入の人數 / 235
  • 四天王 / 236
  • 平井保昌 / 237
  • 反對の兄弟、誤傳 / 239
  • 胡椒から印度帝國 / 240
  • 鈎の暖簾 / 243
  • 白河の魚 / 243
  • 北支那の豆腐 / 244
  • 一生不賦海棠詠 / 244
  • 佳句 / 245
  • 劉基の詩 / 246
  • 支那人の詩思 / 247
  • 西施の行末 / 247
  • 南荒に佳人あり / 248
  • 仙人騎鶴 / 249
  • 阿瞞 / 250
  • 正儀と文璧 / 250
  • 健忘 / 251
  • 道灌の辭世 / 251
  • 支那の弓 / 252
  • 支那の矢 / 253
  • 老兵の一小隊 / 253
  • 吝嗇 / 254
  • 無言の使節 / 255
  • 追々に / 256
  • ソリヤ火事だ / 257
  • 羽蒲團 / 258
  • 無風獨搖草 / 258
  • 媚藥 / 259
  • 無核の茘枝 / 259
  • 蜂雀歟 / 260
  • 孔雀の捕へ方 / 260
  • 蚊母鳥 / 261
  • 竹蛇、小兒樹 / 262
  • 比目魚 / 262
  • 睡蓮、夢草 / 263
  • 北清の白魚 / 264
  • 一時に六藝 / 264
  • 猩々の面相 / 266
  • 巧思の人形 / 266
  • 誤字、誤植 / 267
  • 初夢 / 271
  • 目出度 / 273
  • 一富士の起源 / 274
  • 正語卑語 / 274
  • 語源の一 / 276
  • 黄鳥 / 277
  • 椋鳥 / 278
  • 秋の心 / 280
  • 夕暮 / 285
  • 菊の詩歌 / 286
  • 砧の聲 / 288
  • 一字の巧拙 / 290
  • 秋の歌のいろゝ / 291
  • 和歌と漢詩 / 294
  • 比叡山 / 295
  • 定家 / 296
  • 西行の手帳 / 297
  • 寛政の人口 / 298
  • 昔の俗謠 / 300
  • 和歌の嗜み / 301
  • 葡萄の模樣 / 302
  • 紀州の賴宣 / 302
  • 三保の松原 / 305
  • 蘭奢待 / 305
  • 月夜の櫻 / 306
  • 香 / 308
  • 山櫻と吉野櫻 / 311
  • 觀世撚 / 314
  • 暗中に物を見る / 314
  • 大茶の湯 / 315
  • 日本左衞門 / 316
  • 柳澤吉保 / 317
  • 好笑話 / 319
  • 親の情 / 320
  • ウンシュウ密柑 / 324
  • 支那に轉る日本人の詩 / 326
  • 支那人の自衞力 / 328
  • 虬髯客 / 331
  • 理と性 / 339
  • 帶鈎 / 340
  • 孔明の銅鼓 / 340
  • 跪の姿勢 / 341
  • 東洋の益祭の初め / 342
  • 禁網疎 / 342
  • 字と品格 / 343
  • 奇想 / 344
  • 外れたる想像 / 347
  • 紙鳶 / 359
  • 「節季候」「萬歳」 / 360
  • 歌かるた / 361
  • 小町と遍照 / 362
  • 家康の歌 / 364
  • 四つ這ひ / 365
  • 千菜山 / 366
  • 楊梅 / 366
  • 關の戸の小將 / 367
  • 白河の小將 / 369
  • 男湯、女湯 / 370
  • 樂翁公の歌 / 371
  • 賴政の歌 / 372
  • 大海戰の外國評 / 374
  • 枇杷と琵琶 / 382
  • 苺 / 385
  • 眞の水密桃 / 386
  • 茄子 / 388
  • 測り難き人事 / 389
  • 奇拔なる人物 / 390
  • 日本に於ける基督敎の將來 / 394
  • 朱舜水の日本語 / 406
  • おきつ鯛 / 408
  • 八代洲町 / 409
  • 地座椅子 / 410
  • 鮨 / 412
  • 松鮨 / 413
  • 白本尊 / 414
  • 凶事の色 / 415
  • 遊女の給仕 / 416
  • 落語の出處 / 418
  • 海軍將士に對する感謝 / 420
  • 再び扇子に就きて / 430
  • 傘 / 431
  • 碑の起源 / 432
  • 轉蓬 / 433
  • 費無忌、審食基 / 433
  • 未央宮 / 435
  • 丸瓦 / 436
  • 錢面の年號 / 436
  • 醬の字義 / 436
  • 字の體 / 437
  • 眞行草 / 438
  • 不肖の子 / 439
  • 篆は自然に出づ / 439
  • 書の巧排 / 440
  • 同盟者の長短 / 441
  • 既往と現今 / 444
  • 笑話の一 / 449
  • 戸部と民部 / 450
  • 名乘の誤字 / 451
  • 來朝せる古漢儒 / 451
  • 狂歌の事實 / 452
  • 車の不發達 / 452
  • 滑稽物語 / 454
  • 刀を試す / 455
  • 民に恵まるゝ身 / 456
  • 秋山玉山 / 458
  • 南郭の俗曲 / 459
  • 忠廣の詩 / 460
  • 攻守同盟の利害 / 461
  • 屠蘇を飲む順位 / 485
  • 千人斬 / 486
  • 筆を弄するの禍 / 489
  • 鵺と十二支 / 490
  • 幼時の感動 / 491
  • 善惡巧排の誇張 / 493
  • 謠曲の文句 / 495
  • 十二支の詩 / 496
  • 詩の答 / 497
  • 鯛釣 / 497
  • 芭蕉 / 505
  • 八幡 / 507
  • 老子と釋迦の誕生 / 508
  • 東方朔の姓 / 509
  • 蝉脱 / 510
  • 金毛丸尾 / 510

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 出たらめの記
著作者等 矢野 竜渓
書名ヨミ デタラメ ノ キ
シリーズ名 縮刷名著叢書 ; 15
出版元 東亜堂書房
刊行年月 大正4
ページ数 512p
大きさ 15cm
NCID BA30905584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42001588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想