猫弁と透明人間

大山淳子 著

百瀬太郎は、おひとよしの天才弁護士。ペット訴訟で放り出された猫を引き受け、事務所は猫でいっぱいに。そんな百瀬のもとに、新たな依頼人"透明人間"からメールが届いた。メールを読んだ百瀬は、タイハクオウムの杉山を救出し、またしても事務所に連れて帰る。-なぜ人は自分のそばにいる人を大切に思えないのだろう?そばにいてくれるだけでありがたいのに。人を、猫を、依頼人を守るため、百瀬太郎は今日も走る。数々のピースがあたたかく繋がる、『猫弁』シリーズ第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 猫弁と透明人間
著作者等 大山 淳子
書名ヨミ ネコベン ト トウメイ ニンゲン
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-217760-3
NCID BB09931490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想