松江藩 : 古代を醸し出す神国出雲。家康の孫松平直政が入封。不昧の禅と茶道の不即不離、侘びが深く生きる街。

石井悠 著

山陰山陽の枢要地松江。堀尾・京極氏のあと松平氏、大火水害凶作で財政窮迫、七代治郷は殖産振興に努め、財政再建。のち不昧と号し、茶道・書画・和歌などで名を残した優雅の藩の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 堀尾・京極氏までの出雲-古代出雲の地に堀尾氏三代が城下町を築き、京極忠高が手を入れる。(律令制時代から中世の出雲
  • 堀尾吉晴・忠氏父子の富田入城
  • 堀尾吉晴・忠治の時代
  • 京極氏の入封)
  • 第2章 松平氏の治世が始まる-親藩として山陰・山陽の要に配置された松平氏は、維新まで、十代続く。(松平直政の松江と江戸での足跡
  • 松平家二代綱隆の治世
  • 祖先を敬い、松江を愛した綱近
  • 藩の台所事情と世情)
  • 第3章 藩財政の窮乏と改革-宗衍の努力は報われず、治郷こと不昧の代に好転の兆しが見える。(改革の頓挫を余儀なくされた宗衍
  • 財政立て直しに尽力する治郷
  • お茶の殿様「不昧」公)
  • 第4章 幕末から明治にかけての苦渋-開明的な藩主が出現するも、維新後は新政府への対応に悩む。(文化・文政の爛熟期
  • 最後のお殿様・定安
  • 維新前後の松江藩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松江藩 : 古代を醸し出す神国出雲。家康の孫松平直政が入封。不昧の禅と茶道の不即不離、侘びが深く生きる街。
著作者等 石井 悠
書名ヨミ マツエハン : コダイ オ カモシダス シンコク イズモ イエヤス ノ マゴ マツダイラ ナオマサ ガ ニュウホウ フマイ ノ ゼン ト サドウ ノ フソク フリ ワビ ガ フカク イキル マチ
書名別名 Matsuehan
シリーズ名 シリーズ藩物語
出版元 現代書館
刊行年月 2012.6
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7684-7130-2
NCID BB09471856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想