川は生きている

富山和子 作 ; 大庭賢哉 絵

日本の川はもともと、大雨がふれば洪水をおこす、「あばれ川」です。そこで、どの時代の人々も、川をじょうずにおさめるくふうをしてきました。では、これからわたしたちは、どうしたら、川となかよくできるのでしょう?教科書にも出てくる、小・中学生必読のノンフィクション。産経児童出版文化賞受賞作品。小学中級から。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • むかしの川(あばれ川をおさめる
  • 水と土のおくりもの
  • 森林のはたらき)
  • いまの川(いたちごっこ
  • ダムのかなしみ
  • 水をよごさないで)
  • 川を守る人びと(水となかよしの町
  • はげ山を緑に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川は生きている
著作者等 大庭 賢哉
富山 和子
書名ヨミ カワ ワ イキテ イル
書名別名 Kawa wa ikite iru
シリーズ名 自然と人間 76-4
講談社青い鳥文庫 76-4
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
版表示 新装版.
ページ数 156p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-285291-3
NCID BB09591450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22094311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想