遊戯の終わり

コルタサル 作 ; 木村榮一 訳

肘掛け椅子に座って小説を読んでいる男が、ナイフを手にした小説中のもう一人の男に背後を襲われる「続いている公園」、意識だけが山椒魚に乗り移ってしまった男の変身譚「山椒魚」など、崩壊する日常世界を、意識下に潜む狂気と正気、夢と覚醒の不気味な緊張のうちに描きだす傑作短篇小説集。短篇の名手コルタサルの、夢と狂気の幻想譚。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 (続いている公園
  • 誰も悪くはない
  • 殺虫剤
  • いまいましいドア
  • バッカスの巫女たち)
  • 2 (キクラデス諸島の偶像
  • 黄色い花
  • 夕食会
  • 楽団
  • 旧友
  • 動機
  • 牡牛)
  • 3 (水底譚
  • 昼食のあと
  • 山椒魚
  • 夜、あおむけにされて
  • 遊戯の終わり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊戯の終わり
著作者等 Cortázar, Julio
木村 栄一
Cort'azar Julio
木村 榮一
コルタサル
書名ヨミ ユウギ ノ オワリ
書名別名 FINAL DEL JUEGO
シリーズ名 岩波文庫 32-790-2
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-327902-1
NCID BB09401952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想