アリアンロッド・サガ・リプレイ  9

菊池 たけし;F.E.A.R.【著】

ピアニィの身に宿ってしまった「命あるものすべてを吸収する力」を制御する術を身につけるため、サザーランドの導きにより辿り着いた地・アヴァロン。「神の世界」と「人の世界」の狭間に漂うかの地で、ピアニィらは縁ある人々と言葉を交わし、そしてそれぞれの"戦う意味"を問いかけられる。一方、ピアニィの帰還を信じながら必死に妖魔と戦うアキナたちに大きな危機が迫っていた。大切な人たちの窮地を前に、ピアニィが下した決断とは!?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アリアンロッド・サガ・リプレイ
著作者等 F.E.A.R.
菊池 たけし
書名ヨミ アリアンロッド サガ リプレイ
書名別名 妖精郷のピルグリム

Arianroddo saga ripurei
シリーズ名 富士見DRAGON BOOK 518
巻冊次 9
出版元 富士見書房
刊行年月 2012.6
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8291-4675-0
全国書誌番号
22100915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
妖精郷のピルグリム F.E.A.R., 菊池たけし
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想