堕ちた黒い勇者の伝説 : 真伝勇伝・革命編  7

鏡貴也 著

戦場に血が舞う。空は真っ赤に染まり、爆音と轟音は鳴り止まず、魔法による閃光が瞬くたびに、人が死ぬ。「俺を殺してもこの戦争は終わらないぞ!革命は、始まったんだ!この国は変わる!この腐った国は変わる!もしもこの国に不満を持ってる奴は-仲間になれ!」敵と仲間の血を浴びながら、戦場の死神は、そう叫んだ。戦火の街の中で、革命の象徴として戦うクラウ。その陰で、舞台を整えるべく暗躍するルークたち。一方、シオンはついに玉座の間で、この国の王であり、憎むべき父と対峙する。数多の命を燃やして、世界は変革の時を迎える、伝勇伝サーガ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堕ちた黒い勇者の伝説 : 真伝勇伝・革命編
著作者等 鏡 貴也
書名ヨミ オチタ クロイ ユウシャ ノ デンセツ : シンデンユウデン カクメイヘン
シリーズ名 富士見ファンタジア文庫 か-4-4-7
巻冊次 7
出版元 富士見書房
刊行年月 2012.6
ページ数 251p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8291-3766-6
NCID BA84829195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想