詩とことば

荒川洋治 著

知らないうちに私たちは、生活のなかで、詩のことばを生きている。しかし、詩とは、なにをするものなのか?その意味を考えることは、私たちと世界とのあたらしい関係をひらくことにつながっている。詩をみつめる。詩を呼吸する。詩から飛ぶ。現代詩作家が、詩の生きる時代を照らしつつ、詩という存在について分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 詩のかたち(行分け
  • その人が決めること ほか)
  • 2 出会い(ひとつの詩
  • コース ほか)
  • 3 詩を生きる(大阪
  • 波 ほか)
  • 4 これからのことば(夢
  • 白秋・朔太郎・犀星 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩とことば
著作者等 荒川 洋治
書名ヨミ シ ト コトバ
書名別名 Shi to kotoba
シリーズ名 文芸 202
岩波現代文庫 202
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 210p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602202-0
NCID BB09420968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想