頼山陽詩選

頼山陽 著 ; 揖斐高 訳注

「鞭声粛粛」、また仏郎王、アンコウ鍋も。歴史上の英雄を詠んでは青年の血を沸かせ、日常生活や風物をゆたかにうたう。中国古典に精通しながら、誰もに親しまれる日本漢詩をつくりあげた頼山陽(一七八〇‐一八三二)の、人と詩の魅力が伝わる新編集でおくる一二〇首。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 癸丑の歳、偶作
  • 石州の路上
  • 丁巳東遊六首
  • 一の谷を過ぎて平源興亡の事を懐ひ歌を作る
  • 詠史十二首
  • 始めて廉塾に寓す二首
  • 廉塾雑詩
  • 書懐
  • 歳暮
  • 播州即目〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頼山陽詩選
著作者等 揖斐 高
頼 山陽
書名ヨミ ライ サンヨウ シセン
書名別名 Rai san'yo shisen
シリーズ名 岩波文庫 30-231-5
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 366p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-302315-0
NCID BB09400916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想