雑草の夢 : 近代日本における「故郷」と「希望」

デンニッツァ・ガブラコヴァ 著

日本近代文学を貫く魯迅・与謝野晶子・大庭みな子の「雑草」。文明と自然の接触、混合、衝突…文学の社会的文脈を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 摘み取れない希望-魯迅の『野草』
  • 第1部 割り込む(温室の中の「雑草園」と「故郷」-北原白秋における内面的空間の構築
  • 子供の「園」の「雑草園」)
  • 第2部 生い茂る(「雑草の季節」-大自然の雑草園
  • 雑草の生い茂る故郷的空間-「武蔵野」の形成)
  • 第3部 生き延びる(「不屈の草」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雑草の夢 : 近代日本における「故郷」と「希望」
著作者等 Gabrakova, Dennitza
ガブラコヴァ デンニッツァ
書名ヨミ ザッソウ ノ ユメ : キンダイ ニホン ニ オケル コキョウ ト キボウ
出版元 世織書房
刊行年月 2012.5
ページ数 392,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-902163-63-6
NCID BB09556992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想