守るべき人がいる = There are people who I must protect

佐藤正久 著

「先人から受け継いだ竹島、北方領土、尖閣諸島は絶対に守らなければならない」ヒゲの隊長が緊急執筆。日本の危機と自衛隊のこれから。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本地図を逆さにすると見えてくるもの
  • 第1章 先人から受け継いだ領土を守る(「竹島なんてあげちゃえばいい」と語る若者たち
  • 私が鬱陵島へ飛んだ真の理由 ほか)
  • 第2章 沖縄と離島の生活と安全を守る(鳩山氏の「移設プラン」はあまりにも無責任すぎた
  • 抑止力の維持を考えたら、国外移設は論外 ほか)
  • 第3章 自衛隊のあるべき姿を考える(国民に知られていない「PKO」の現場
  • 自衛隊はあくまでも平和維持のために派遣されている ほか)
  • 第4章 日本の未来を守る(「想定力」がなければリーダーになれない
  • 原発警備を早急に厳重にせよ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 守るべき人がいる = There are people who I must protect
著作者等 佐藤 正久
書名ヨミ マモルベキ ヒト ガ イル
書名別名 There are people who I must protect

Mamorubeki hito ga iru
出版元 ワニブックス
刊行年月 2012.6
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8470-9084-4
NCID BB10020402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想