資源保全の環境人類学 = ENVIRONMENTAL ANTHROPOLOGY FOR CONSERVATION : インドネシア山村の野生動物利用・管理の民族誌

笹岡正俊 著

[目次]

  • 序章 研究の課題と方法
  • 第1章 研究対象地の概観
  • 第2章 狩猟獣のサブシステンス利用-肉の分配の社会文化的意味
  • 第3章 オウムの商業利用-僻地山村における「救荒収入源」としての役割
  • 第4章 在来農業を媒介とする人と野生動物との双方的なかかわり-「農」が結ぶ「緩やかな共生関係」
  • 第5章 在地の狩猟資源管理-超自然的強制メカニズムが支える森の利用秩序
  • 終章 住民主体型保全へ向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資源保全の環境人類学 = ENVIRONMENTAL ANTHROPOLOGY FOR CONSERVATION : インドネシア山村の野生動物利用・管理の民族誌
著作者等 笹岡 正俊
書名ヨミ シゲン ホゼン ノ カンキョウ ジンルイガク : インドネシア サンソン ノ ヤセイ ドウブツ リヨウ カンリ ノ ミンゾクシ
書名別名 ENVIRONMENTAL ANTHROPOLOGY FOR CONSERVATION

Shigen hozen no kankyo jinruigaku
出版元 コモンズ
刊行年月 2012.6
ページ数 370p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86187-073-6
NCID BB09487583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想