自分のロゴマークをつくる : 「デザイン思考」でなりたい自分を実現する

山下行雄, 茂木崇 著

デザインは、感性による芸術的なものというよりも、実は極めてロジカルに「計画」され、緻密に「設計」されたものである。そしてそのような「デザイン思考」は、デザインの世界だけではなく、仕事の問題を解決したり、自分自身の「思い」を実現することにも通じるものだ。デザインの技法や考え方を紹介しながら、それを活かして「自分」というブランドイメージをつくり、他人に伝える手段を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自分のロゴマークをつくる
  • 第2章 レイアウトで情報を整理する
  • 第3章 強調する
  • 第4章 俯瞰することで全体最適を考える
  • 第5章 完成図を見据える
  • 終章 意思を持ったデザイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分のロゴマークをつくる : 「デザイン思考」でなりたい自分を実現する
著作者等 山下 行雄
茂木 崇
書名ヨミ ジブン ノ ロゴ マーク オ ツクル : デザイン シコウ デ ナリタイ ジブン オ ジツゲン スル
書名別名 Jibun no rogo maku o tsukuru
シリーズ名 働く・仕事を考えるシリーズ 005
出版元 労働調査会
刊行年月 2012.5
ページ数 179p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86319-257-7
NCID BB11261459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想