24時間×365日の交渉力

住田俊二 著

一般に、交渉と言えば商取引などビジネスの場面を思い浮かべることが多い。しかし、複数の人で話し合って物事を決定することを広く「交渉」と捉えるとすれば、私たちの日常は、職場の上司・同僚、家族、近所の人などを相手に交渉の連続である。交渉の本質は、ただ自分の主張を通すことではなく、自分と相手、双方の利益を図ることにある。本書は、日常の身近な場面を事例で示しながら、その時、その場に応じてスムーズに物事を進めるためのポイントを解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 初めての顧客訪問-話の切り出し方
  • 昼飯の選択-時間の制約を考慮する
  • マンションの管理組合で-メンバーの強みを活かす
  • 営業の最前線で-Win‐Winを目指す
  • 小遣いの引き上げか引き下げか-相手の出方を予測する
  • 期末の人事考課面接で-交渉の論点を確定する
  • 家族の希望をうまくまとめる-各希望の洗い出し
  • 親が亡くなったら-勘定と感情のはざまで
  • 飲み会は時間のムダ?-部下に対する交渉力
  • 顧客からクレームが来た-改善のチャンスとして迅速に対応する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 24時間×365日の交渉力
著作者等 住田 俊二
書名ヨミ ニジュウヨジカン サンビャクロクジュウゴニチ ノ コウショウリョク
書名別名 Nijuyojikan sanbyakurokujugonichi no koshoryoku
シリーズ名 働く・仕事を考えるシリーズ 002
出版元 労働調査会
刊行年月 2012.5
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86319-254-6
全国書誌番号
22126443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想