質入れ女房

沖田正午 著

質店「八前屋」に、女房を質草に金を借りたいという夫婦連れがやってきた。徒方もない依頼に主の仁三郎は驚くが、銀次という亭主の目は真剣そのものであった。その後、質草も利息も取らないという妙な質店開店の噂が、手代の歌八によってもたらされる。数日前に聴いた、胡散臭い坊主・宝念の怪しい説教と何か関係があるのだろうか。書き下ろし長編時代小説シリーズ第五弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 質入れ女房
著作者等 沖田 正午
書名ヨミ シチイレ ニョウボウ
シリーズ名 質蔵きてれつ繁盛記 お-31-10
双葉文庫 お-31-10
出版元 双葉社
刊行年月 2012.6
ページ数 309p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-66566-6
全国書誌番号
22127806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想