現代に面して

後藤九十九 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 政事は正事なり / 1
  • 至誠の人に乏し / 2
  • 虚心人言を聴け / 5
  • 學者當然の任務 / 4
  • 研究所と新學境 / 5
  • 科學分離は無効 / 6
  • 惡魔の製造所 / 7
  • 嘘を教ふる學校 / 8
  • 幸福の道と善事 / 9
  • 精神修養の方途 / 10
  • 生物製造不可能 / 10
  • 眞乎僞乎一億圓 / 11
  • 夫役不足の補充 / 12
  • 春の夢成金の夢 / 13
  • 果然不景氣来る / 14
  • 濫設會社の整理 / 15
  • 人権を尊重せよ / 16
  • 理化趣味の涵養 / 16
  • 愛と久遠の人生 / 17
  • 鋳型製造の政治 / 18
  • 心得ぬこと多々 / 18
  • 司法権の尊重望 / 19
  • 人間本能の善惡 / 20
  • 民力涵養の運動 / 21
  • 日く精神の改造 / 23
  • 訓令の権威墜つ / 24
  • 當にならぬ統計 / 25
  • 富豪の脱税は非 / 26
  • 既設政黨の改造 / 27
  • 社會の箍弛緩す / 27
  • 不景気は天警也 / 28
  • 教育費國庫補助 / 29
  • 官營事業の不備廢止 / 30
  • 智識界の大王か / 30
  • 戦争は根絶せぬ / 31
  • 我は日本國民也 / 33
  • 忠君愛國を賣物 / 33
  • 中立黨は猫眼黨 / 33
  • 民本時代の官民 / 34
  • 剛柔硬軟に依る / 35
  • 商人の嘘を排す / 35
  • 官民の意志疎通 / 37
  • 吏員養成の學校 / 38
  • 鬼を拂ふ追儺式 / 40
  • 法律整理も必要 / 41
  • 富豪 特殊利益 / 41
  • 富士山を心とせよ / 42
  • 健忘症の國民性 / 43
  • 紙幣株券と化す / 44
  • 生産資金の増殖 / 45
  • 政黨と國利民福 / 46
  • デモクラシー解 / 46
  • 自由平等泣かん / 48
  • 心的幸福に安住 / 49
  • 八境界とは何ぞ / 50
  • 圓満なる人格者 / 52
  • 國家的の經濟眼 / 53
  • 信仰心なき日本人 / 55
  • 勤儉力行の功徳 / 56
  • 雇人拂底の調節 / 57
  • 土壌調査は急務 / 57
  • 物償調節一方法 / 58
  • 暴利取締法励行 / 59
  • 品性の絶對價値 / 60
  • 善事も弊害あり / 61
  • やつこだこかな / 62
  • 鶴の脛と鳬の脚 / 62
  • 神の事業に贊畫 / 63
  • 世界人民の寶典 / 64
  • 階級打破は空言 / 65
  • 勧農詞 / 66
  • 敎育者への希望 / 69
  • 新時代の新道徳 / 72
  • 何ぞ武士道とは / 72
  • 勞働者自覺せよ / 73
  • シ氏の敎育方針 / 75
  • 家庭は暖き温室 / 75
  • 惡 / 76
  • 罪惡 / 77
  • 道 / 77
  • 過激思想を激發 / 78
  • 檢事よ正しかれ / 78
  • 民族衰亡の危機 / 79
  • 文明と人口減退 / 81
  • 常に中庸を守れ / 83
  • 警察事故の増加 / 85
  • 緊張味漸く現はる / 85
  • 事業縮少の急務 / 86
  • 工場の職工教育 / 87
  • 戸籍法改正の要 / 87
  • 政府模範を示せ / 89
  • 商人の心得數件 / 89
  • 不景気の挽囘策 / 93
  • 豫算膨張と重税 / 94
  • 地上線と地下線 / 95
  • 仁術所ろか惡術 / 95
  • 我國外交の無援 / 96
  • 貞操ありや否や / 97
  • 婦人の心得十七 / 97
  • 現代婦人の解剖 / 100
  • 虚榮と犯罪行為 / 101
  • 何ぞ其の陋なる / 102
  • 自慢の具となる / 103
  • 思はず知らず化 / 103
  • 恐れ多き事ども / 104
  • 惡事の後援は誰 / 105
  • 自由は自治の力 / 105
  • 知行合一を期せ / 106
  • 純眞の幸福とは / 106
  • 活動寫眞の取締 / 108
  • 優學敎育主旨か / 109
  • 玉手箱に彷彿か / 110
  • 美名の影の惡事 / 112
  • 勞働者の一期戰 / 113
  • 會社工場の注意 / 114
  • トラストの害惡 / 117
  • 菩良手段を取れ / 118
  • 視察者たる心得 / 120
  • 外國兒童無入校 / 123
  • 米を食ふ教科書 / 123
  • 狂態の親子あり / 123
  • 物を粗末する弊 / 124
  • 放縦的婦人増加 / 125
  • 仕事整理を怠る / 126
  • 逆行常例なるか / 127
  • 平作の邸宅排斥 / 128
  • 金離好人に注意 / 129
  • 文化主義の旺盛 / 130
  • 完全戀愛は何か / 131
  • 織物の大巾改良 / 132
  • 平和博は不平博 / 133
  • 公共事業法改正 / 133
  • 俎上國民たるか / 136
  • 民情なきは危險 / 136
  • 諸官省豫算整理 / 136
  • 地方長官は民選 / 138
  • 選擧區を改めよ / 139
  • 娯楽享樂の盛大 / 140
  • 國家百年の計畫 / 143
  • 心醉せし結果か / 143
  • 銀行會社不信用 / 145
  • 我れ空想を夢む / 148
  • 内閣持續は如何 / 150
  • 再び統計につき / 153
  • 亡國に導く手段 / 155
  • 立派が人を釣る / 159
  • 平和博は成功か / 160
  • 批難の價値なし / 162
  • 不景氣の直輸入 / 173
  • 節減は自己より / 164
  • 貧者終世貧者か / 165
  • 世界學生吸集策 / 168
  • 獨逸と提携せよ / 170
  • 眞善美希望の民 / 172
  • 本書に對する世評 / 174

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代に面して
著作者等 後藤 九十九
書名ヨミ ゲンダイ ニ メンシテ
書名別名 Gendai ni menshite
出版元 後藤九十九
刊行年月 大正11
版表示 増補
ページ数 185p
大きさ 18cm
全国書誌番号
42000164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想