ルネサンス歴史と芸術の物語

池上英洋 著

ルネサンスとは、一五世紀のイタリア・フィレンツェを中心に、古代ギリシャ・ローマ世界の秩序を規範として古典復興を目指した一大ムーブメントを指す。しかし、古代の文化が復興した理由、あるいは中世的世界観から脱する流れに至った理由を明確に答えることはできるだろうか。ルネサンスとは本来、何を意味し、なぜ始まり、なぜ終わったのか-。皇帝と教皇による「二重権力構造」をもち、圧倒的な存在として人々を支配していた中世キリスト教社会は、いかにして変革していったのか。美術との関係だけで語られることの多い「ルネサンスという現象」を社会構造の動きの中で読み解き、西洋史の舞台裏を歩く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 十字軍と金融(地中海の覇者
  • "第三のパトロン"の登場
  • 金融業の発達)
  • 第2章 古代ローマの理想化(なぜ古代を理想視したのか
  • プロト・ルネサンス期における美術の変化)
  • 第3章 もう一つの古代(ギリシャ文化の逆流
  • メディチ家の君臨
  • 古代モチーフの「借用」と「消化」)
  • 第4章 ルネサンス美術の本質(フィレンツェでの開花
  • 空間を創出せよ!
  • 多神教と一神教-ネオ・プラトニズム)
  • 第5章 ルネサンスの終焉(ルネサンスの裏側
  • 共和政の放棄と傭兵制の敗北
  • イタリアの斜陽とルネサンスの終わり)
  • 第6章 ルネサンスの美術家三十選(フィリッポ・ブルネッレスキ
  • ドナテッロ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンス歴史と芸術の物語
著作者等 池上 英洋
書名ヨミ ルネサンス レキシ ト ゲイジュツ ノ モノガタリ
シリーズ名 光文社新書 588
出版元 光文社
刊行年月 2012.6
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03691-1
NCID BB09445674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想