海軍じいちゃんのアトランダム抜き書き帳 : 昭和に置き忘れてきたもの〈昭和39年~昭和48年のメモ〉

水谷秀澄 著 ; 神居青 編

明治維新以後、日清日露戦争の勝利、そして太平洋戦争の敗北、戦後の高度経済成長を経て、バブルが崩壊。戦後の勝利・敗北、経済の高度成長と崩壊を経験し、今回未曾有の自然災害と原発の恐さも知った。いま、これからの日本を導く確固たる政治理念や思想をかざすリーダーもなく、宗教家も教育家も確かな未来を示しえず、戦後日本人はただ勤勉というその国民性だけを原動力として物づくりを頑張ってきたが、個人の努力にも限界がある。あらためて、将来の個人・社会・国家・世界の姿を考えるにあたって、この書の先人達の言葉は多くの示唆を与えてくれるだろう。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海軍じいちゃんのアトランダム抜き書き帳 : 昭和に置き忘れてきたもの〈昭和39年~昭和48年のメモ〉
著作者等 水谷 秀澄
神居 青
書名ヨミ カイグン ジイチャン ノ アトランダム ヌキガキチョウ : ショウワ ニ オキワスレテ キタ モノ ショウワ サンジュウキュウネン ショウワ ヨンジュウハチネン ノ メモ
出版元 星雲社
青山ライフ
刊行年月 2012.6
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16721-8
全国書誌番号
22133276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想