烈日の機動部隊 : 小沢治三郎風雲録  下

田中光二 著

1941年12月8日、小沢機動部隊の真珠湾奇襲により始まった太平洋戦争は、日本軍の優勢で進展していた。翌年に実戦配備された新鋭艦戦「烈風」は、米軍の繰り出す新型機を圧倒。山本五十六も「大和」「武蔵」「長門」「陸奥」を率いてガ島攻防に向かった。だが、暗号解読によりGF司令長官の前線視察を知った米軍は、山本抹殺を計画。さらに覚醒したアメリカの反攻で、マリアナでの小沢とスプルーアンスの対決は衝撃の展開に-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 烈日の機動部隊 : 小沢治三郎風雲録
著作者等 田中 光二
書名ヨミ レツジツ ノ キドウ ブタイ : オザワ ジサブロウ フウウンロク
書名別名 Retsujitsu no kido butai
シリーズ名 学研M文庫 た-25-44
巻冊次
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.6
ページ数 362p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-05-900764-7
全国書誌番号
22127571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想