ベールを脱いだ日本古代史 : 高次意識トートが語る

坂本政道 著

卑弥呼はだれ?邪馬台国はどこにあったのか?三輪山の龍神と大物主、シャンバラから来たアマテラス族。神武東征の謎。ニギハヤヒに隠された物部氏の陰謀とは?大和王権はどう確立されたのか?古事記誕生から1300年の現代、神話の裏に隠された驚愕の「真実」が明らかになった。ヘミシンクによる高次意識との交信によって、日本の建国にかかわる神々の苦悩と、今日までつづく「儀式」の謎を解く。日本人の原点・源流に鋭く迫る著者渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 三輪山の龍神(不思議な女性との出会い
  • 三輪山で驚くべき体験が待っていた
  • 龍神に会う)
  • 第2部 日本の古代史の真実(トートとの交信が始まる
  • 超古代
  • 縄文時代と縄文人の祀った龍神
  • 稲作民の渡来
  • アマテラス族の起源
  • 邪馬台国と卑弥呼
  • 太陽神を祀る巫女としての卑弥呼
  • 邪馬台国の終焉とヤマト王権の成立
  • 物部氏と『先代旧時本紀』に隠された謎
  • 天武天皇が創作したアマテラス
  • 物部氏の陰謀とは?
  • 外宮造営に隠された謎
  • トートから日本人へのメッセージ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベールを脱いだ日本古代史 : 高次意識トートが語る
著作者等 坂本 政道
書名ヨミ ベール オ ヌイダ ニホン コダイシ : コウジ イシキ トート ガ カタル
書名別名 Beru o nuida nihon kodaishi
出版元 ハート
刊行年月 2012.6
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89295-906-6
NCID BB10090113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想