西洋哲学史  3 (「ポスト・モダン」のまえに)

神崎繁, 熊野純彦, 鈴木泉 責任編集

神という絶対的な真理と人間の理性をめぐって、多様な思索が交錯する-。近世に呼び戻されたヘレニズム哲学。デカルト、ホッブズ、スピノザ。そして、アリストテレス哲学の展開からヘーゲル、マルクス、ハイデガーへ。近代へ向かう哲学史の脈動を、鮮やかにとらえた論考を収載。また、シリーズ全4巻の人名・書名総索引を附す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 アウグスティヌス主義の射程・素描
  • 1 ヘレニズム復興
  • 2 近世スコラと宗教改革-ルター主義者とアリストテレス哲学
  • 3 デカルトと近代形而上学
  • 4 ホッブズとスピノザ-われわれは自分の外にいる
  • 5 アリストテレスの子供たち-ヘーゲル・マルクス・ハイデガー
  • 附録 人名・書名総索引

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋哲学史
著作者等 上野 修
大西 克智
村上 勝三
楠川 幸子
熊野 純彦
神崎 繁
鈴木 泉
宮崎 文典
書名ヨミ セイヨウ テツガクシ
シリーズ名 講談社選書メチエ 513
巻冊次 3 (「ポスト・モダン」のまえに)
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 398p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258516-3
NCID BB09374791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想