「三国志」の政治と思想 : 史実の英雄たち

渡邉義浩 著

曹操の革新性の本質、諸葛亮と劉備の緊張関係、孫呉の盛衰の基底にある力学-史実の三国時代は、権力確立を希求する君主たちと、儒教的思想と文化、名声を力とする「名士」がせめぎ合う、緊迫した政治空間であった。中国史上の大転換点として、史実の三国時代を当代の第一人者が描ききる、これぞ、三国志研究の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 黄巾の乱と群雄割拠
  • 第2章 曹操と荀〓(いく)
  • 第3章 文学の宣揚
  • 第4章 孫呉政権と揚州名士
  • 第5章 劉備と諸葛亮
  • 第6章 君主と文化
  • 第7章 死して後已む
  • 第8章 孫呉政権の崩壊
  • 第9章 魏晋革命と天下統一
  • 終章 中国史上における三国時代の位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「三国志」の政治と思想 : 史実の英雄たち
著作者等 渡辺 義浩
渡邉 義浩
書名ヨミ サンゴクシ ノ セイジ ト シソウ : シジツ ノ エイユウタチ
書名別名 Sangokushi no seiji to shiso
シリーズ名 三国志 529
講談社選書メチエ 529
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258532-3
NCID BB09375637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想