金満家になる金儲の法

喜楽生 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 商家の總則 / 5丁
  • 旦那の心得 / 6丁
  • 女房の心得 / 7丁
  • 手代の心得 / 7丁
  • 小僧の心得 / 8丁
  • 儉約と吝嗇を區別すべき事 / 8丁
  • 役目の分界を立べき事 / 9丁
  • 學門も亦爲ずべし / 9丁
  • 容易く他の商賣へ移るべからず / 10丁
  • 人の眞似すべからず / 11丁
  • 事は秘密を要す / 12丁
  • 人の物は我物と思ふなかれ / 12丁
  • 金貸會社役員の愼むべき事 / 13丁
  • 陰徳と積徳の事 / 14丁
  • 商人の龜鑑 / 15丁
  • 村夫子のいましめ / 18丁
  • 山も亦たなすべし / 20丁
  • 和合は繁昌の基 / 22丁
  • 商賣は正直を要す / 23丁
  • 早起きすべき事 / 25丁
  • 機を見るの肝要 / 26丁
  • 商法家の神髓 / 27丁
  • 我名を人に知らるるを要す / 28丁
  • 信用を買ふべき事 / 30丁
  • 六ッのいましめ / 31丁
  • 奴隷心を絶つべき事 / 32丁
  • 手代小厮を使ふ心得 / 33丁
  • 家の掃除を清潔にすべし / 34丁
  • 食物は上中下を分つべからず / 35丁
  • 臺所の細則 / 36丁
  • 仕遂るまでは困難あり / 38丁
  • 息子のいましめ / 39丁
  • 始中終の分解 / 39丁
  • 安物を買ふべからず / 42丁
  • 身代を起す人の心入れ / 42丁
  • 利に迷ふなかれ / 48丁
  • 金を貸附る法則 / 50丁
  • 利あるものには損あるとを覺悟せよ / 51丁
  • 危きに近よるべからず / 52丁
  • 交際も時によるべし / 53丁
  • 身代悪しき時の事を忘る可からず / 54丁
  • 光陰は鉄砲玉の如し / 54丁
  • 無用の品を買可からず / 55丁
  • 權謀は金まうけの極意 / 56丁
  • 法螺のなき方 / 57丁
  • 相談の必用 / 58丁
  • 人氣を知るが肝要 / 58丁
  • 理外の理 / 59丁
  • 錢あるが故に貴からず / 60丁
  • 金錢の用ひかたは五則 / 61丁
  • 金まうけ心得三十則 / 62丁
  • 經濟學の解あかし十則 / 63丁
  • 金の遣ひ方 / 67丁
  • 糟粕を嘗むる勿れ / 68丁
  • 盛なる者は巳に衰ふたる者と知べし / 69丁
  • 過失は深く咎むる勿れ / 71丁
  • 返さぬ貸は無理に取るべからず / 72丁
  • 掛賣一切任らず候 / 73丁
  • 衣食住の心得 / 74丁
  • 代物より金が大切 / 75丁
  • 痩我慢の害 / 76丁
  • 慾張家の用心 / 77丁
  • 金まうけ秘傅結論 / 78丁

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金満家になる金儲の法
著作者等 喜楽生
書名ヨミ キンマンカ ニ ナル カネモウケ ノ ホウ
出版元 日吉堂本店
刊行年月 大正2
ページ数 80p
大きさ 15cm
全国書誌番号
42000093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想