「朝食」を抜くと健康になる

石原結實 著

無理に食べると病気の快復が遅くなる。すべての病気は、血液の汚れから。目に見えて体内の汚れが出ていく。水分の摂りすぎは病気を招く。臓器の飢餓状態が病変を消す。悩みが遠のく、気持ちいい…etc。体の不調は「食べすぎ」が原因だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 断食はなぜ効くのか(体重も体質も劇的に変化した!
  • 断食は昔から行われていた健康の知恵 ほか)
  • 第2章 断食は、究極の血液サラサラ法(断食中よりも断食後のほうが難しい
  • 断食は何日続けるべきか? ほか)
  • 第3章 体毒を出し切って、心も体もスッキリニンジンジュース断食とは?(なぜニンジンジュース断食を始めたのか
  • 断食保養所でやっている、ごく簡単なこと ほか)
  • 第4章 自分でできる、ニンジンジュース断食(数日以上の断食は、専門家のもとで
  • 一食抜くなら朝食がいい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「朝食」を抜くと健康になる
著作者等 石原 結実
書名ヨミ チョウショク オ ヌク ト ケンコウ ニ ナル
書名別名 Choshoku o nuku to kenko ni naru
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.6
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-569-80510-8
NCID BB11376381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22092083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想