「地球のからくり」に挑む

大河内直彦 著

地球は謎の塊である。その塊からエネルギーを次々に獲得し、万物の長となった人間は、今やエネルギー中毒に罹っている。なぜこんなことになったのか?そもそも地球の定員は何人か?宇宙から飛来した石油の源、毒ガス開発学者が生み出した新肥料、未来の新エネルギー…第一線の地球科学者が工学、文化人類学、文学などの広範な最新知見を縦横に駆使し、壮大な物語を綴る。科学と文明史が見事に融合した快作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地球の定員
  • 窒素固定の魔術
  • エネルギーの現実
  • 化石燃料と文明
  • 人工燃料の時代
  • 大論争の果て
  • 赤潮の地球
  • 石炭が輝いた時代
  • 燃える氷
  • 炭素は巡る
  • 第三の火

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「地球のからくり」に挑む
著作者等 大河内 直彦
書名ヨミ チキュウ ノ カラクリ ニ イドム
書名別名 Chikyu no karakuri ni idomu
シリーズ名 新潮新書 472
出版元 新潮社
刊行年月 2012.6
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610472-5
NCID BB09371614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想