財務省

榊原英資 著

「省庁のなかの省庁」として、霞が関に君臨する財務省。歴代の政権をコントロールしてきたとも言われる彼らは、「日本を牛耳る巨悪」なのか、はたまた「日本の最後の砦」なのか。「ミスター円」と呼ばれた元大蔵官僚が、豊富なエピソードも交えて古巣の姿を詳述。「財務省支配」の実態、消費税増税論議のポイント、永田町との関係、職員たちの私生活まで、これ一冊で財務省のすべてが分かる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 省庁のなかの省庁
  • 第2章 財務省の組織
  • 第3章 財務官僚とはどんな人達か
  • 第4章 「大物次官」達の肖像
  • 第5章 財務省は悪役でいい
  • 第6章 財務省支配の功罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 財務省
著作者等 榊原 英資
書名ヨミ ザイムショウ
書名別名 Zaimusho
シリーズ名 新潮新書 475
出版元 新潮社
刊行年月 2012.6
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610475-6
NCID BB09372923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想