家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理

香取薫 著

かつてはセイロンと呼ばれ、紅茶の産地として親しまれているスリランカ。ココナッツや豊富な野菜類に加え、薬効のあるハーブとスパイスを多用するレシピはまさに薬食同源。アーユルヴェーダの知恵が日常に息づいていることを感じさせます。しかも米を主食とし、日本の鰹節とそっくりのモルディブフィッシュを旨味として使うので、日本人にもなじみやすい味わいです。材料さえそろえれば作り方は、煮るだけ、炒めるだけ、あえるだけ、といたってシンプル。インド料理、スパイス料理に精通した著者が、スリランカの本場の味を、日本でもおいしく再現できるように研究した日本初のレシピ本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 はじめてのスリランカ料理
  • 2章 肉と魚介のカレーとおかず
  • 3章 野菜たっぷりのカレーとおかず
  • 4章 スパイスの香り高いサイドディッシュ
  • 5章 カレーに合うご飯とパン
  • 6章 あとひくおいしさ、スナック&スイーツ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理
著作者等 香取 薫
書名ヨミ カテイ デ ツクレル スリランカ ノ カレー ト スパイス リョウリ
書名別名 Katei de tsukureru suriranka no kare to supaisu ryori
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.6
ページ数 79p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-309-28320-3
NCID BB10866294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22089814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想