建築と言葉 : 日常を設計するまなざし

小池昌代, 塚本由晴 著

建築には、比喩が必要である-風景を導く言葉とは何か。建築家と詩人、「かたち」をつくる者同士が、暮らしの源泉と行方を探し当てた対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 建築に言葉は必要か
  • 第1章 建築の目的と無目的
  • 第2章 更地から生まれる言葉
  • 第3章 都市と家の「ふるまい」
  • 第4章 風景を再生するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築と言葉 : 日常を設計するまなざし
著作者等 塚本 由晴
小池 昌代
書名ヨミ ケンチク ト コトバ : ニチジョウ オ セッケイ スル マナザシ
書名別名 Kenchiku to kotoba
シリーズ名 河出ブックス 045
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.6
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62445-7
NCID BB09436709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想