江戸川で聴いた中野ミツさんの昔語り : 現代昔話継承の試み

中野ミツ 述 ; 野村敬子 編

本書は「江戸川区で聴いた」「中野ミツさんの越後語り」として纏める。ミツさんの内藏文化としての越後の昔話が、現住地・東京江戸川区で声の文化として聴き手を得、語りが開花する道を辿る。特徴としたのは「昔話を聴く・聴かせる」継承の意味深さであった。「語り手」と「聴き手」の関わり、人間関係、コミュニケーション文芸としての昔話・口承文芸の存在感を探る。集合体としての都市・江戸川区における新たな文化継承の試みを探る営み、今、此処の昔話継承、耳による現代語り構築の記録でもあった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「中野ミツさん」を聴く(出会い-尻尾の釣り
  • 故郷葎谷の母子語り-木の又太郎と木の葉姫
  • 旅から来る人びと-宗教者と物売り
  • 町に行く村人-江戸稼ぎと伊勢参り)
  • 2 「聴き耳の会」が聴く-ミツさんのふるさと語り(竜神様のお膳
  • おとわ池
  • 小僧のむかし(小僧小僧えーかー)
  • 猿地蔵
  • 仕置きされた阿弥陀様 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸川で聴いた中野ミツさんの昔語り : 現代昔話継承の試み
著作者等 中野 ミツ
野村 敬子
聴き耳の会
書名ヨミ エドガワ デ キイタ ナカノ ミツ サン ノ ムカシガタリ : ゲンダイ ムカシバナシ ケイショウ ノ ココロミ
書名別名 Edogawa de kita nakano mitsu san no mukashigatari
出版元 慶友社
瑞木書房
刊行年月 2012.6
ページ数 278p
大きさ 21cm
付随資料 DVDビデオディスク(1枚 12cm)
ISBN 978-4-87449-185-0
NCID BB10298340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想