イギリスの不思議と謎

金谷展雄 著

一般にイギリスは礼儀としきたりを重んじる保守的な国と思われている。しかし、実際のイギリスは昔も今も伝統を守りながら、どんどん新奇なものを受け入れる国である。紳士を尊重する一方でフーリガンが存在したり、ミニスカート発祥の地であったり、茶樹がないのにアフタヌーン・ティーの習慣が根づくなど、さまざまな不思議を抱えているのだ。本書では、多くの人を惹きつけるイギリスという国の謎を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史に名を残す最初の紳士は強盗殺人犯?
  • 第2章 エディンバラがイギリスの地図にない!
  • 第3章 茶の木がないのに紅茶の国?
  • 第4章 パブリック・スクールはだれのため?
  • 第5章 やがて恐ろしきナーサリー・ライム
  • 第6章 カクテルに名を残す女王はだれ?
  • 第7章 イギリス方言の多様性
  • 第8章 フーリガンは「二つの国民」の生き証人か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリスの不思議と謎
著作者等 金谷 展雄
書名ヨミ イギリス ノ フシギ ト ナゾ
書名別名 Igirisu no fushigi to nazo
シリーズ名 集英社新書 0646
出版元 集英社
刊行年月 2012.6
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720646-3
NCID BB09433449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想