暗号 : 情報セキュリティの技術と歴史

辻井重男 著

ソーシャル、モバイル、クラウド、スマート…。爆発的発展を遂げる情報化社会は、有史以来、軍事・外交の「秘匿」を担った暗号の役割を、「認証」へと一変させた。情報セキュリティを担う現代暗号の特性とは?「共通鍵暗号」「公開鍵暗号」「零知識対話証明」の数理も平易に解説。暗号の歴史と倫理、その技術基盤のすべてがわかる格好の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 近代からポストモダンへ
  • 第1章 文明の誕生 暗号の誕生
  • 第2章 日米暗号文化の比較
  • 第3章 情報化と文明構造の変革
  • 第4章 暗号革命と現代社会
  • 第5章 ポストモダン暗号と数理の魔術
  • エピローグ フェルマーの定理と暗号の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗号 : 情報セキュリティの技術と歴史
著作者等 辻井 重男
書名ヨミ アンゴウ : ジョウホウ セキュリティ ノ ギジュツ ト レキシ
シリーズ名 講談社学術文庫 2114
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 259p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292114-5
NCID BB09378894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想