青い薔薇 : キプリングとインド

橋本槇矩 著

キプリングの人格が転移された現代の日本人英文学教授が150年前のインドとイギリスを生きることに-二つの国を生きる作家の苦悩と作品誕生の由縁を、恋愛、友情、両親、妹との関係を軸に壮大なスケールで描いた小説+ポストコロニアル批評の前提を問う重厚な作品論によって、「法と秩序の帝国」と「支配と抑圧の帝国主義」の矛盾を生きたキプリングがインド庶民に向けた共感の深層を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青い薔薇 : キプリングとインド
著作者等 橋本 槙矩
橋本 槇矩
書名ヨミ アオイ バラ : キプリング ト インド
出版元 松柏社
刊行年月 2012.6
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7754-0181-1
NCID BB09269538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想