消費税が日本を救う

熊谷亮丸 著

「パパ、消費税って、なあに?消費税が上がると、日本は大変なことになるの?」最愛の息子の質問に答えるために、トップエコノミストが立ち上がった。消費税の長所と短所、経済活動への影響、世界的な税制の潮流、財政再建と社会保障制度改革の道筋まで、消費税を軸とする日本経済再生の処方箋を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、消費税引き上げが必要なのか?
  • 第2章 政治的タブーとなった消費税
  • 第3章 的外れな消費税批判
  • 第4章 消費税引き上げは景気を悪化させるか?
  • 第5章 日本の「ギリシャ化」は避けられるのか?
  • 第6章 財政再建の鍵を握る社会保障制度改革
  • 第7章 今後の税制改革の方向性
  • 第8章 日本経済再生の処方箋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費税が日本を救う
著作者等 熊谷 亮丸
書名ヨミ ショウヒゼイ ガ ニホン オ スクウ
書名別名 Shohizei ga nihon o suku
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 161
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.6
ページ数 300p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26161-0
NCID BB09504718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想