雁行夫婦剣 : 豪八・お京事件控

須田刀太郎 著

徳川治世の初期、瀬戸内に臨む浅田藩の若き下級武士・上泉豪八。取潰しの危機に怯える藩にあっても、我関せずで生きたいと願う。だが世情はそれは許さず、その身には数々の火の粉が降りかかる。新所帯を楽しむ暇なく恋女房お京とともに振るうは阿吽の雁行剣。あの理系経営者が六十余年ぶりのペンネームで仕上げた異色の時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雁行夫婦剣 : 豪八・お京事件控
著作者等 須田 刀太郎
書名ヨミ ガンコウ メオトケン : ゴウハチ オキョウ ジケンヒカエ
出版元 明拓
星雲社
刊行年月 2012.6
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-434-16752-2
NCID BB10946076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想