現代知的財産法講座  4 (知的財産法学の歴史的鳥瞰)

高林龍, 三村量一, 竹中俊子 編集代表

[目次]

  • 昭和34年法(特許法)の技術的範囲について
  • 特許ライセンス契約と当然対抗
  • クレーム解釈覚書
  • 権利濫用の抗弁から権利行使制限立法への変遷-主としてその系譜的考察
  • 差止請求権の在り方と差止請求権のない実用新案権の創設
  • デザインの本質と意匠保護
  • 意匠制度の将来
  • 日本著作権史素描-貸与権の創設まで
  • 著作物の表現上の本質的特徴について
  • わが国著作権法における著作者人格権と職務著作
  • わが国著作権法における著作権人格権と職務著作
  • 芸能プロダクションの生成とそれを巡る若干の問題
  • 法曹60周年を顧みて-知財訴訟の実務家の想い
  • 日本の不正競争防止法における営業秘密の保護の強化と日米欧の比較
  • TRIPS協定の交渉によってもたらされた営業秘密保護規定の整備

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代知的財産法講座
著作者等 三村 量一
村林 隆一
竹中 俊子
高林 龍
書名ヨミ ゲンダイ チテキ ザイサンホウ コウザ
書名別名 Gendai chiteki zaisanho koza
巻冊次 4 (知的財産法学の歴史的鳥瞰)
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.6
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-06715-8
NCID BB0942470X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想