リスク、不確実性、そして想定外

植村修一 著

災害、事故、電車の遅れ…。誰もがいつも「リスク」に直面しているが、その本質を理解する人は少ない。「ナポレオンの100日天下はなぜ終わったか」「信長はなぜ本能寺で討たれたか」など歴史の事象から、日常生活のトラブル、ドラマの主人公の失敗まで、バラエティに富んだ事例を交え、リスクとは何か、管理するにはどうすべきかをわかりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リスクを測れるから人類なのだ
  • 第2章 リスクの源はどこにある
  • 第3章 リスクをコントロールできるか
  • 第4章 不確実性の下での意思決定
  • 第5章 「想定外」は誰のせい?
  • 第6章 会社を取り巻くリスクの本質
  • 第7章 リスク管理はなぜ失敗するのか
  • 終章 大事なものを守る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスク、不確実性、そして想定外
著作者等 植村 修一
書名ヨミ リスク フカクジツセイ ソシテ ソウテイガイ
書名別名 Risuku fukakujitsusei soshite soteigai
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 160
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.6
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26160-3
NCID BB09504503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想