風景の思想

西村幸夫, 伊藤毅, 中井祐 編・編著

日本人は風景をどのように見てきたのか。これから風景とどのように関わりあっていけばよいのか。哲学から土木まで、多様な専門家が、風景との関わりをいかに主体的に回復していくかを論じた意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人の風景の思想(風景の中世史-身近な風景と身体
  • 広重に見る江戸の都市イメージ-武蔵野図の残像
  • 風景のフォークロア-街角に残る巨木と都市の記憶)
  • 第2部 場所の風景とその思想(郊外の風景-文明・文化の表象としての生活像
  • 地方の中心商店街と中山間地域の風景-暮らしの風景とは何か、現状と今後
  • 農と風景-風景としての百姓仕事の発見
  • 都市計画における風景の思想-百景的都市計画試論)
  • 第3部 風景づくりの実践とその思想(文化的景観と風景-生活・生業の風景の持続と継承
  • 河川風景の思想-自然と人為が織り成す風景
  • 身近な自然と風景-里地里山の再生による風景づくり
  • 「生きた風景」へ-まちづくりと公共空間デザインの現代的意義
  • 豊かな風景づくりへの哲学-まなざしの賑わい)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景の思想
著作者等 中井 祐
中島 直人
五味 文彦
伊藤 毅
大久保 純一
宇根 豊
島谷 幸宏
桑子 敏雄
深町 加津枝
温井 亨
西村 幸夫
井上 典子
伊藤 廣之
書名ヨミ フウケイ ノ シソウ
出版元 学芸出版社
刊行年月 2012.6
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7615-2533-0
NCID BB09471459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想