パフォーマンスの音楽人類学

諏訪淳一郎 著

音楽は作品でも、情報でも、コミュニケーションでもない。「聞こえるもの」をキーワードとして織りなす理論的考察とエスノグラフィー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 語りえぬものへのエスノグラフィー
  • 第1部 聴取のアルケオロジー(「いま=ここ」の神話論理
  • 「呼びかけ」と「ふり向き」
  • テリトリーを生み出す「切り分け」
  • 「あいだ」の感覚)
  • 第2部 生きられた音楽を求めて(メラネシア・ポップの聴取と創造性
  • トゥバのホーメイをめぐる表象操作
  • 奄美のシマウタと新しいシマ)
  • 「音楽知」の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パフォーマンスの音楽人類学
著作者等 諏訪 淳一郎
書名ヨミ パフォーマンス ノ オンガク ジンルイガク
書名別名 Pafomansu no ongaku jinruigaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.6
ページ数 235,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-65375-1
NCID BB0946549X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想