ゼロ年代 : 狂想のプロレス暗黒期

上井文彦 著

プロレスvsK‐1vsPRIDE、最後に笑ったのは!?新日本プロレスの元マッチメイカーが明かすアントニオ猪木、藤波辰爾、長州力、坂口征二、天龍源一郎、前田日明、橋本真也、蝶野正洋、武藤敬司、中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼との蜜月と確執-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 私はかつて新日本プロレスのマッチメイカーだった-アントニオ猪木からの電話
  • 第1章 なぜ私はマッチメイカーになったのか?-パラオの浜辺でアントニオ猪木と過ごした夜
  • 第2章 "強い新日本を取り戻したい"という信念-「土下座外交」と揶揄されながら
  • 第3章 アントニオ猪木への現役復帰要請-K‐1、PRIDEという名の草刈り場
  • 第4章 禁断の『ULTIMATE CRUSH』-新日本のリングでも総合格闘技はできる
  • 第5章 長州力が新日本に帰ってきた日-かつての革命戦士は嵐と共に
  • 第6章 カリスマ・前田日明のマット界返り咲き-束の間の共同戦線、そして絶縁へ
  • 第7章 上井文彦の暗黒期-迷走と崩壊、業界引退と残った借金
  • 終着駅-あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼロ年代 : 狂想のプロレス暗黒期
著作者等 上井 文彦
書名ヨミ ゼロ ネンダイ : キョウソウ ノ プロレス アンコクキ
書名別名 Zero nendai
シリーズ名 G SPIRITS BOOK vol.1
出版元 辰巳
刊行年月 2012.6
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7778-1020-8
NCID BB09927380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想