チーズとうじ虫 : 16世紀の一粉挽屋の世界像

カルロ・ギンズブルグ 著 ; 杉山光信 訳

「では、なにがカオスを動かしているのか」「カオスはそれ自身で動くのです」異端審問記録ほか埋もれた資料を駆使しつつ民衆文化の深層にスリリングに迫った現代歴史学の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • メノッキオ
  • 最初の審問
  • 「悪魔に憑かれている」?
  • コンコルディアからポルトグルアロへ
  • 「高い地位にある方々に対して存分に語る」
  • 古いものを残した社会
  • 「かれらは貧しい人びとからむさぼりとる」
  • 「ルター派」と再洗礼派
  • 粉挽屋、絵師、道化〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チーズとうじ虫 : 16世紀の一粉挽屋の世界像
著作者等 Ginzburg, Carlo
杉山 光信
ギンズブルグ カルロ
書名ヨミ チーズ ト ウジムシ : ジュウロクセイキ ノ イチコナヒキヤ ノ セカイゾウ
書名別名 IL FORMAGGIO E I VERMI
シリーズ名 始まりの本
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.6
ページ数 360p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08350-4
NCID BB09399114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22125498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想