よみがえる富士山測候所 : 2005~2011

土器屋由紀子, 佐々木一哉 編著

二〇〇四年に無人化が決定した富士山測候所は、研究者たちにとって唯一無二の研究の場だった。しかし、富士山測候所の復活のためには数々の難問が山積していた。問題解決に奮闘する研究者たちの記録。新たにはじまった富士山測候所でのさまざまな分野の研究を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生まれかわる富士山測候所(富士山測候所の復活への道
  • 富士山測候所の電源問題)
  • 第2部 山頂で行われている研究活動(オゾン(O3)測定
  • 自由対流圏の二酸化炭素の通年観測
  • 雲と雨-雲の中に入って雲を研究する
  • エアロゾル、新粒子
  • 有機エアロゾル
  • すす、水銀
  • 宇宙線・自然放射線
  • 雷・大気電気
  • 永久凍土・植物生態
  • 高所医学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみがえる富士山測候所 : 2005~2011
著作者等 佐々木 一哉
土器屋 由紀子
書名ヨミ ヨミガエル フジサン ソッコウジョ : ニセンゴ ニセンジュウイチ
書名別名 Yomigaeru fujisan sokkojo
出版元 成山堂書店
刊行年月 2012.6
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-425-51311-6
NCID BB09446112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想