憲法九条が歩いた道

松原博 著

世界五千万の命を犠牲にたどりついた悲願「憲法九条」に捧げた元中学校数学教師70年の苦闘の結語は?「憲法九条」にこだわって生きてきたひとりの生き様が、政治不在のいま、「平和」の意味を問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憲法9条は、人類が平和的に生き延びるための大切な宝である
  • 「集会」だけでは止められない!-教育基本法改悪の策動を目の当たりにして
  • 日々の市民運動の中で…
  • 「改憲阻止」という初心にかえって
  • やはり、現在の課題は…-停滞、躊躇…反省
  • 市民運動の連帯と喫緊の政治課題
  • 1941年生まれの戦後責任
  • やるべきことを柔軟に取捨選択して…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法九条が歩いた道
著作者等 松原 博
書名ヨミ ケンポウ キュウジョウ ガ アルイタ ミチ
出版元 叢文社
刊行年月 2012.6
ページ数 170p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7947-0683-6
NCID BB10082738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想