大分県謎解き散歩

甲斐素純, 渋谷忠章, 段上達雄 編著

大分県は古くから「豊の国」と呼ばれていました。豊かな県のお国自慢といえば、何といっても数と量と泉質で日本一を誇る温泉。別府や湯布院に代表される名湯・秘湯が今も人気を集めています。それに豊後水道や周防灘で鍛えられた関アジ・関サバ・城下カレイなど「海の幸」も豊かです。そして江戸時代に府内藩・中津藩など八つの藩が分立していた大分県には、昔の面影を残した城下町が点在しています。国宝臼杵石仏・熊野磨崖仏などをはじめとする数多の石造美術や、国東六郷満山を中心とした「神と仏」の文化も魅力のひとつです。湯煙と石仏と城下町を訪ねて、「豊の国」再発見の旅に出かけよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大分県ってどんなとこ?
  • 第2章 考古・史跡・歴史編
  • 第3章 宗教編
  • 第4章 人物・文学編
  • 第5章 民俗・産業編
  • 第6章 自然・地理編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大分県謎解き散歩
著作者等 段上 達雄
渋谷 忠章
甲斐 素純
書名ヨミ オオイタケン ナゾトキ サンポ
書名別名 Oitaken nazotoki sanpo
シリーズ名 新人物文庫 か-9-1
出版元 新人物往来社
刊行年月 2012.6
ページ数 287p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-404-04201-9
NCID BB09400927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想