騙されるな日本! : 領土、国益、私ならこう守る

田母神俊雄 著

本書では日本が抱える領土問題をまず取り上げるが、後半では、アメリカによる「日本経済植民地化計画」を取り上げる。こちらは直接の領土問題ではないが、日本が経済的にアメリカに侵食される、という意味では「もう一つの領土問題」と言ってもいいであろう。いずれにしても国家にとっての死活問題である。まずはその認識と覚悟が大事で、その上で相手を騙してでも交渉を有利に進めようというくらいのずる賢さを持ち合わせていないと、到底勝負にならないのだが、今の日本政府では、はなはだ不安である。日本を守るためにどう考え、何をすべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 領土の必須条件は「実効支配」(石原都知事の「尖閣諸島購入」発言
  • 領海侵犯の船は撃沈するのが基本 ほか)
  • 第2章 核武装こそ領土交渉の切り札(北方領土が奪われるまで
  • もしアメリカが共産主義の脅威を認識していたら… ほか)
  • 第3章 アメリカは日本の「経済植民地化」を狙う(オレンジ計画とソ連の脅威
  • これからの敵は「日本経済」 ほか)
  • 第4章 情報戦争に負けるな日本!(増税もアメリカに仕掛けられている?
  • 「開国」という名の日本潰し ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 騙されるな日本! : 領土、国益、私ならこう守る
著作者等 田母神 俊雄
書名ヨミ ダマサレルナ ニホン : リョウド コクエキ ワタクシ ナラ コウ マモル
書名別名 Damasareruna nihon
シリーズ名 ベスト新書 383
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2012.6
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12383-6
全国書誌番号
22125106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想